母の日大参事

母の日にあの地獄再び。




またやってしまった・・・


あの悲劇からちょうど1ヶ月。


いや、まだ1ヶ月しかたってないのにまたか?!


癖づくって聞いてたけど本当でした。


ぎっくり腰・・・





家の中で片付けしてただけなのに、
急に動けなくなって、
日曜でパパがいたから助かったけど、
いなかったらどうなっていたかと血の気がひきます。


今回は前回の入学式の時よりひどく、
全く動けなくて、少しでも動くと激痛で、
そこから寝たきりに・・・(涙)


どうしても動かなければならない時はパパの介護が必要で。


ひとつの動作にいちいち悲鳴をあげながら・・・





母の日に母完全アウトーーーーー!!!!





家事はパパとこうきで頑張ってくれました。。。


母の日なので2人でクッキーを焼いてくれて、
そのあと夜ご飯も2人でお好み焼きを作ってくれて。



ありがと~~~~(涙)



ある意味母の日、ちゃんと母いたわってもらってるか(笑)






いやはや、ぎっくり腰はほんとにきついです。

経験した人にしかわからないであろうあの痛みとつらさ(>_<)

そして動きたいのに動けないものすごいストレス・・・


もう2度と嫌だと思ってたのに、
1ヶ月でもう2度目が・・・

病院で診てもらった方がいいのか~



日月と悲惨だったけど、
今日はだんだん動けるようになって、
座ることもできるように。

無理せず回復を待ちたいと思います。







a0299749_2192379.jpg

a0299749_2193864.jpg

a0299749_2123284.jpg


子供たちからの贈り物が心にしみたぜ~(涙)



2歳のじょーじが、
痛がるママの頭を何度もよしよししてくれて
(痛いのは腰なんだけど。笑)
「いたいいたいとんでけ~」
ってやってくれるのがもう嬉しくて泣きそうで(>_<)


パパもこうきもいない時はじょーじの肩を借りたんだけど(笑)、
私の背中に小さな手を添えて
「ママがんばって」
なんて言ってくれるのよーーーーーー


じょーじーーーーーーー



寝てるママに何度も「だいしゅき~」ってぎゅうしに来てくれたり、
何度もキスしに来てくれたり♥(笑)、
何度も恐怖のダイブをしに来てくれたり(笑)、
たくさん癒してもらいました♥



こうきももちろん
「やったろか?」
「やったるわ!」
といろいろ助けてくれて、
ほんとに頼もしい息子で。




我が家のメンズたちに感謝です。






こんな時に胃の方も再発している感じがあるので、
ちょっとまた自分の体調整えようと思います。


家族を想うならまず自分の体。


身をもって学んだ教訓。





そしてあと厄払いやね(笑)
by kouki-ai | 2016-05-10 21:39 | 体調のこと | Comments(2)

子供、家族、自分。

つい数時間前、子供たちが寝る前の出来事。



こうきが立体パズル(サイコロ状のパズル)をしていると、
それをじょーじが壊しにきます。


こうきは怒りながらもまた初めからやり直すけど、
やっぱりそれを壊してしまうじょーじ。


それが何度も繰り返され、
こうきが我慢の限界で怒って泣きそうになった時、
じょーじがそのパズルのケースでこうきの頭をたたき・・・


痛さと悔しさで泣きだすこうき。


そんなこうきに向かって、じょーじはまさかのとどめのキック・・・




「じょーじ!!!」


さすがに声を荒げてしまい、
じょーじは別の部屋に走り去って行きます。



大泣きするこうきをなだめていると、
じょーじがティッシュペーパーを手に走って戻ってきて、
なんとこうきの涙をふいてあげてるんです・・・!!



「じょーじ・・・!!そんなことできるようになったん?!
こうき!じょーじが涙ふいてくれてるよ!じょーじ優しいとこあるよ!!」

と思わず興奮して大きな声が。




さらにそのあと、
じょーじの口から

「ごめんなさい」

って。




何も言われてないのに
自分から「ごめんなさい」が言えるなんて・・・!!!


初めてだったから私もびっくりしたし、
怒ってたのに、嬉しい感動にかわってしまい・・・!!!



その後もティッシュを取りに行っては
こうきの涙や鼻水をふいてあげて、
頭をよしよしなでてあげて。


自分が泣かせたわけだけど、
献身的に兄貴に尽くす弟の姿が、
なんとも言えず愛らしかったです(笑)






子供は知らない間に成長してる。

いろんなところからいろんなもの吸収して、
それを素直に表現してる。




ただ、じょーじの成長を喜ぶ反面、
こうきがいつもどれだけ我慢しているか、
どれほどのストレスを感じてしまっているか、
改めて思い知らされ、心配になりました。



やりたいことがやりたい時にやりたいようにできないストレス。


弟や妹に邪魔されながらが日常の上の子なら、きっと誰しもが感じているもの。



なんて言ってあげたらいいのか、
どうしてあげるのが一番いいのか、
私にはまだまだ永遠のテーマだな。。。





寝る時に、
「こうき、いつも我慢ばっかりさせてごめんね」
と強く抱きしめました。


こうきは黙ったまま、私にしがみついていました。



そしてやはりそこに割り込んでくる人がいたけど(笑)、
2人に押し倒されそうになりながらも、
「ママはこうきもじょーじもだいすきだよ♥」
と2人を両手でぎゅーーーっと抱きしめました。


こうきもじょーじも嬉しそうに笑ってくれて、
私はとっても幸せな気持ちになりました。






ずっと自分より子供たちと思ってたけど、
私あっての子供たち、かもしれません。


母の体が健康じゃないと、
育児も家事もちゃんとできないし、
母の心がストレスでいっぱいだと、
それが子供たちにも伝わってしまう。


ついついあとまわしにしてしまう自分のこと、
本当は一番に考えないといけないのかもしれません。



家族のために、まずは自分。


自分が元気でいることが、家族の元気にもつながる。



子供たちの笑顔が私を幸せにしてくれるけど、
子供たちもまた、私の笑顔で幸せを感じてくれてるのかもしれない。




ここ最近のいろんなことで、
そんな風に感じる今日この頃。



みなさんもどうか、
あとまわしにしていた自分の心と体のことを、
見つめ直してみてください。



家族のために、自分が元気でいられるように✿


そして子供たちの成長を、しっかり見守ってあげられるように✿




a0299749_224141100.jpg

by kouki-ai | 2016-01-23 22:44 | 体調のこと | Comments(6)

初めての胃カメラ検査

一昨日、無事に胃カメラ検査を終えました。



生まれて初めての胃カメラ検査は、本当に緊張しました。


検査自体への不安と、何か悪いものが見つかったら・・・という恐怖。



でも今回、本当によくしてくれた友人がいて、
彼女のおかげで頑張れた部分はほんとに大きかった。



通院中の近所の病院では胃カメラ検査ができないので、
(バリウム検査はそこでできたのですが)
紹介状を書いてもらおうとしたら、
提携している3つの病院の中から選択するように言われ、
どこにしようか悩んだり、
じょーじをパパに預けられる土曜日が2月中旬までなく、
だいぶ先になるけど大丈夫かなとかいろいろ考えていました。

そしたらずっと私の体調のことを心配してくれていたその友達が、
義理の弟(妹の旦那さん)が医師をしている胃腸専門の病院をすすめてくれて、
本当は何週間も待ってやっと検査の予約がとれるところを、
緊急枠で即手配してくれて、
病院の場所が少し遠かったんだけど、
当日は妹さんが車を出してくれて(初対面なのに・・・)、
その友達も子供2人連れて一緒に付き添ってくれて。


検査の間はもちろんじょーじをみてくれてたし、
私のところにも交代で様子を見にきてくれたりと、
本当に優しいお二人で・・・(>_<)



1人で初めての病院で初めての胃カメラ検査だったら、
もう不安で心配で怖くてどうしようもなかったと思うけど、
一緒にいてもらって本当に心強かったし、
その妹さんの旦那さんである先生も本当にすごく良い先生で、
安心して検査にのぞむことができました。




その病院では鼻からか口からかが選べて、
えずきやすい人には口より鼻からの方が苦痛が少ないと言われたけど、
よくわかるのはやはり口から入れる方らしくて。


あとは、鎮静剤を打って眠っている間に検査する方法もあり、
麻酔に弱いと終わってからがしんどい可能性もあると言われたけど、
どう考えても眠ってる間にしてもらえる方が楽なのでは?!と思い、
鎮静剤を使って口から入れてもらうことに。




診察のあと、
まずはエコー検査。

仰向けに寝てお腹を出し、
ゼリーをぬられて・・・とまさに妊娠中のエコーと同じですが、
診るのは臓器。

指示に従って、息を吸ったりとめたりしながらひとつひとつ確認。

特に問題はなかったようですが、
ただひとつ、脾臓(ひぞう)というものがやたら大きかったようで、
これはイコール貧血らしく、
体はうそつきませんね(^_^;)




エコー検査は苦痛もなく終わったけど、
次の過程が・・・
これが私きつかったー(>_<)!!


看護師さんからコップ一杯の液体を渡され、
「まずいよ、まずいけど一気に飲んでね」
と言われいきなりびびる私。


一気に飲んだけど、なんだろ、無味・・・?
バリウム剤に比べたら全然!!
私はあっちの方が嫌だったな(^_^;)




そして今度は喉の麻酔。

「口の中に入れるから、上向いて飲み込まずに3分我慢してね。
もしどうしても無理だったら飲み込んでもいいからね」


わ、わかりました・・・


注射器に入ったどろどろした液体を口の中に流し込まれ、
上を向いて3分待ちます。


じわじわじわじわ喉の方に流れていく麻酔液。

口の中がどんどんしびれていくのがわかります。



鼻で息、鼻で息。
飲み込むな、我慢しろ、我慢しろ・・・



ピピピピ、ピピピピ、と3分タイマーが鳴り、

「はい、ではそのまま飲み込んでくださいね~」

と言われて飲み込もうとしたけど、
もう気持ち悪すぎてえずきまくり・・・

看護師さんもあわてて
「飲み込めない?無理なら吐いていいけど・・・ちょっと待ってね!!」
と袋かなんかを探しに行き・・・


あかん、吐く、無理!!!!


と思ったけど、いかんいかん、
バリウム検査でのNGゲップの失態を思い出せ!!

今回は頑張らないと!!
頑張れ私!!



と思い切ってごっくん・・・


「の、のみました・・・」


超キモス・・・




そのあとどんどん麻酔が効いて、喉の奥が詰まったような感じになってきて、
息ができなくて苦しくて、
今思えばあの時間が一番つらかった~(>_<)





そしていよいよ胃カメラ検査の部屋へ。


大袈裟かもしれないけど、
なんか手術台に寝ているような、
手術前の気分というか、
すっごい緊張した。



「大丈夫やからね」

と先生が優しく声をかけてくれたけど、
こちらなかなか大丈夫じゃないですよ先生(笑)



「胃カメラ前の血液検査があるのでまず採血するね~。
鎮静剤は、多すぎてもあれなんやけど、少なかったら意識が残ったりするから、
今回ギリギリのラインでいかせてもらうね~」


ギリギリ?
なんかこわいけどお願いします・・・



そして口の中に、口を開けた状態を固定するためのものを入れられ、
あぁ、くる・・・くる・・・ついにカメラがくる・・・




・・・って思って目が覚めたらもう別室で点滴打たれてて。




えっ・・・?

もう終わった・・・?

えっ、ほんとに?!





全然記憶なし。

痛みなし。


なにこれ、めちゃええやんか!!!



検査の部屋から点滴の部屋まで支えられながら自分で歩いたらしいけど、
その記憶も全くございません。


麻酔、すごい・・・



点滴を打たれながらも意識はまだ朦朧・・・

目をつぶったらまだ寝れそうだったけど、
「もう起きといてくださいね~」
と言われ目を見開きます。


点滴が終わって起き上がったけど、
まだまともに歩けず、ふらふら~ふらふら~と酔っぱらいのよう。



少ししてから先生から結果を伝えられて。


まずはがんやポリープなどはなく、
大きな病気などは見つからなかったとのことで、ほんとにほっとした・・・。

特に悪いところがないのに今の症状が半年も続いているのは、
おそらく胃腸の機能が正常に働いていない、あるいは機能が低下しているという、

「機能性胃腸疾患」

だろうと診断されました。


特効薬はないため、
合う薬を探して治療していくことになり、
先生曰く薬は3種類あるようなので、
とりあえずひとつめを2週間服薬して様子をみることに。


一発目で合って、効果が出るといいなぁ・・・




先生から結果を聞いて一安心したところで、
じょーじと再会♥


最初私と引き離される時は
「あいちゃーん!!あいちゃーん!!」
と泣き叫びながら連れて行かれてたけど、
(大体ママって呼ぶけど、たまになぜか名前で呼ぶ。笑)
その後はとってもお利口にしていたらしく、
じょーじも偉かったね、ありがとうね。



ふらふらするのも1時間くらいすればなくなり、
喉などに痛みもなく、
無事に全て終了です。





バリウム検査に加えて胃カメラ検査。
なかなか受ける勇気が出なかったけど、
みんなから自分の体のために頑張れと言われ、
背中を押してもらえたので決意できたし、
こんな良い病院、良い先生のもとで、
楽に検査をさせてもらえて本当にありがたかったです。


まだ病状が治ったわけじゃないけど、
悪い病気じゃないことがわかっただけでもずいぶん不安が取り除かれたし、
薬が合って効果があらわれることを祈るばかりですが、
早く元気になれるように頑張りたいと思います。


白血球の数値を上げることとダブル治療になりますが、
根気よくいきます!!





今回も、たくさんの人たちに助けられ、支えられていることを実感しています。
本当に感謝しています。
ありがとう✿
by kouki-ai | 2016-01-22 12:56 | 体調のこと | Comments(2)

年末から襲われていた左首リンパの痛み。

病院では「リンパ節」と診断されたけど、
大きなしこりとかなりの痛みが2週間以上続いていたので怖かったけど、
先週末ようやく落ち着いてきて(>_<)

今はまだしこりがかすかに残っているけど、
痛みはほぼなく、やっとひとつ解放かー!!という感じで・・・
(油断は禁物ですが・・・)





そして胃の方は、胃カメラ検査を受ける決意をいたしました。


土曜日に紹介状を書いてもらおうと病院に行って、
胃カメラを受ける事前検査(血液検査と心電図検査)をしたのですが、
昨日病院から電話がかかってきて、
「血液検査の結果があまりよくなかったので、すぐ来てください」と・・・


えっ、こわいこわい。。。


どうも白血球の数値がかなり低いらしく、
すぐ大きな病院で詳しい検査を・・・ということになって、
今日朝一でいつもの病院行って先生と話をしたあと、
紹介された大きな市の病院に走り、
再度詳しい血液検査をした結果、
ウイルス感染などは見受けられずよかったけど・・・。

ただ極度の貧血に陥ってるので、
そのせいで白血球の数値が下がっているのかもしれないとの診断で。

一週間鉄剤を飲んで数値が上がってくるかどうか、
来週また採血して検査することに。


どうか効果が出てくれ~。



本日これで5時間かかりまして・・・
大きな病院は待ち時間が半端ないね・・・



どっと疲れたけど実はまだ明日がある~!!


明日別の病院で胃カメラや~!!


友達が紹介してくれた病院で、
ちょっと遠いけど友達が送り迎えもしてくれるらしく・・・(>_<)
検査の間じょーじもみといてくれるようで、ほんとに助かります!!
(でもたぶんママから離されて大泣きやと思うけど・・・)


バリウム検査と同様、先ほど21時から絶食しております。


明日は8時半にこうきを幼稚園に送ってからそのまま病院へ向かいます。


今日に引き続きなかなかハードだぜ~




信頼できる先生とのことなので・・・

先生、よろしくお願いいたします・・・

わたくしど緊張しとります!!





不調続き、病院三昧の日々から、早く抜け出せますように。

穏やかな生活が取り戻せますように。


a0299749_21513937.jpg



a0299749_21523673.jpg


じょーじ~、ママを癒して~✿





明日頑張ってきまーす!!!
by kouki-ai | 2016-01-19 21:59 | 体調のこと | Comments(4)

初めてのバリウム検査

昨日、生まれて初めてのバリウム検査を受けてきました。


バリウム検査とか、胃カメラとか、
もちろん聞いたことはあったけど、
正直自分にはまだ縁のない話だと思っていたのに・・・。

突然こんなことになることもあるんですね・・・



いずれは皆経験することだと思うけど、
受けるまで私は相当不安だったので、
多少の予習、参考になればと思い、
詳しくつづりたいと思います。




前日の夕飯は消化の良いものを食べてください(野菜は胃に残るのでダメだそう)
とのことだったので、うどんをすすり、
夜9時以降は絶食。

当日は9時から検査の予約をしていたので、
2時間前の7時までならコップ半分のお水だけ許されます。


私の症状が「えずく」ことだったので、
空腹で当日の朝は余計えずきまくり。

検査前からそれが結構きつかった・・・。



9時前に病院に到着し、緊張と不安でかたまるのみ。


名前を呼ばれ、パンツ以外全部脱いで検査用の服に着替えます。


そしていよいよ来ました、
まずは発泡剤。

ちっちゃい粒状の粉薬のようなもので、
口に含み、水で飲みこむのですが、
どぎつい炭酸のようなもので、
口の中も目も耳もパチパチパチっとなります。


「胃を膨らませるものなので、絶対ゲップしないでくださいね。
絶対我慢してくださいね」

と看護師さんに言われた矢先、

「ゲフっ ゲプっ」


やべっ、2回も出てもうた!!!




あれ、絶対我慢できひんって。

絶対出るって。

我慢できる人おったらどうやってるんか教えてほしい。





そして検査用の機械の上に立ちます。


いよいよメインのご登場・・・

バリウム剤。


検査室には私1人で、先生も看護師さんも別室にいるので、
スピーカーから先生の指示が聞こえます。



「ではまずひとくち口に含んでくださーい」



うむ。いざ・・・



紙コップ一杯分だけど、
白くてどろっとしててずっしり感半端なく、
片手じゃ持てなくて両手で支えながら口に運びます。



「ではそれを飲み込んでくださーい」



ごくり。



なんだこれは・・・


別に甘くも苦くもないけど、
どろーんとしてて、
なんか気持ち悪いな・・・




「もう一度ひとくち飲んでくださーい」



ごくり。


うん、ひとくちならなんとかいけるけど・・・





「では残りを一気に飲み干してくださーい」



きたかー!!
やはりかー!!




これは気合いあるのみです。



ごくごくごくごくごくごくごく・・・・



バリウム剤を飲んでると思うとなんか気持ち悪くなるので、
全く別のことを考えながら飲むことをおすすめします。
(私は頭の中で音楽を流していました)




飲み終えたぞー!!!


「ゲっ ゲプっ」


またゲップ出てもうたがな・・・

発泡剤飲んだ意味あるかな私・・・





そしてそのあとは、バリウム剤が体のすみずみまで行き渡るように、
機械が動いて少し頭が下がり気味の体勢になったり、
先生の指示によって自分で体を回転させたりします。



そして撮影は、仰向け、うつ伏せ、横向き、ななめなど、
体位をかえてその都度息をとめて行われます。



「横を向いて少しななめになってとまってくださーい」


「右を下にして回転し、右のおしりだけ少しあげてくださーい」



たまによくわからなくて右往左往してたら、
何度か看護師さんが出てきて、
「こうよ、こう」
と体を動かしてくれました。

出来の悪い患者ですみません(^_^;)





検査自体は10~15分くらいで終わったような気がします。

終わるとまず下剤を飲みます。

バリウム剤が体の中で固まる前に、
便として排出しなければならないからです。


通常ならその日のうちに数回に分けて白っぽいうんちが出るとのことで、
もし出ないようなら下剤を追加して飲むか、
病院に来るかになるようです。
(ちなみに私はスムーズにいって大丈夫でした)



自分の服に着替え、結果の説明を待ちます。


結構すぐに呼ばれ、診察室に入ると、レントゲン写真をじっと見入る先生の姿。


先生が画像をズームして目を近づけるたびに何かあるんじゃないかとドキドキして。



まず言われたのは、

「特に何かできものがあるとかそういうのは見られないので大丈夫と思いますよ」


あぁよかった・・・・



「ただ胃が荒れてますね」


私も見せてもらったけど、胃の表面がタコの吸盤のようにでこぼこぶつぶつした感じになってて、
これは胃が少し荒れているということらしく、
えずくのはこれが原因じゃないかと。



とりあえず、薬で治療していくことになりました。

3週間飲んでみて、効果が出るかどうかみていきます。


これで症状がやわらいでくれるといいんやけど・・・




バリウム検査、怖かったのでなかなか受ける決断ができなかったけど、
やっぱり検査してみてこうやって原因がわかるのなら、
勇気を出すことは大事だと思いました。


忙しくてついつい後回しにしてしまう自分の体だけど、
何かサインが出ているなら、
放置せずにすぐ病院で診てもらうことが、
あとで後悔しない一番の方法かもしれません。


みなさんも自分の体、どうか大切にしてください。





・・・でキレイに締めたかったのですが~!!!


なんと昨日のバリウム検査から帰ってきて、
なんかしんどいな~
まぁ検査したからかな~
なんて思ってたら、
熱を出して寝込んでしまいまして・・・



バリウム検査の後に熱って追い打ちかけすぎちゃうか~?!

私頑張りましたけど~?!


フラフラしながら子供たちの夕飯やお風呂・・・


昨晩は子供たちと一緒に就寝。




今日は熱は下がったものの、頭痛がひどくてぼー・・・


そしたら今度はこうきまで熱を出してダウン・・・!!!


まじかー・・・(>_<)



先週末旦那が寝込んでたけど、どんどん連鎖してます。


じょーじもずっと鼻水と咳がとまらないけど、
元気は元気なので、じょーじまでもが熱を出さないように願うばかりです。

週末に誕生日を控えておりますし・・・





早くみんな元気になりますように✿
by kouki-ai | 2015-12-15 22:58 | 体調のこと | Comments(6)

前向きに。

1週間ぶりです。



夏頃からサインが出始めていたのにずっと放置していた結果、
ちょっと最近ひどくなったりしたので、
病院行く覚悟を決めて検査を受けたら、
胃が炎症を起こしているらしく。


まだはっきりしたことはわからなくてこれからだけど、
最近いろいろあってだいぶ気分も落ちててしんどくて、
なかなか前向きに考えられなかったけど、
やっぱり原因突き止めてしっかり治して元気にならないと・・・と、
やっと思えるようになりました。



じょーじの誕生日も近づいてるし、
クリスマスもあるし、
年末年始愛媛にも帰るし、
幼稚園のあの劇の練習もいよいよ始まって責任重大なので、
病んでる場合じゃないね!!



子供たちのためにも、完全復活できるように母頑張ります!!







子供たちは元気です。

といってもじょーじは風邪ひいて鼻垂れ小僧ですが~(^_^;)


a0299749_22555446.jpg


地域のクリスマス会に参加したけど、
去年に引き続きサンタさんに大泣きのじょーじくんでした(笑)

(逃げてしがみついてくるから泣いてる写真さえありません。笑)





12月のお誕生祝いは無事にしてもらえました✿
a0299749_22592674.jpg

a0299749_2301291.jpg

ケーキ気に入って離さない人(笑)
(先生たちの手作りフエルトケーキ、素晴らしい♥)






こうきは幼稚園の文化祭的な行事で、
ハットでかっこよくキマってました♥
a0299749_2334658.jpg







子供たちにはほんとに癒されてます。


病気を引き起こす原因にストレスはかなり関わっていると思うので、
みんな種類は違えどストレスなんてたくさん抱えながら生きてるやろうけど、
ためこまず、うまく発散させながらやっていかないと、
大丈夫と思ってても、やっぱり体にくるんだなぁと実感です。


ストレス大敵!!!

ストレス減らしたーい!!!





年の暮れ。
みなさまくれぐれも自分の体大事にしてください。
by kouki-ai | 2015-12-08 23:18 | 体調のこと | Comments(4)